細かいことは気にせずとりあえず歌わせる方法

・「任意の音源」(説明ではカゼヒキを使用しています)と歌詞を連続音化のプラグインを
  使用する説明になってますので、できたら先にDLをお願いします。
  
​・こちらは簡単に説明したものですので、歌わせ方の詳しくはWikiなどを参考にしてください。
​・また、こちらはくるくる数字のやり方ですのでこの限りではありません。

 
UTAU ユーザー互助会@ ウィキ

【!】音源のDL説明から始まりますので、UTAUへのインストール方法からの説明をお求めの方は1:20くらいまで飛んでください。
​   (現在配布ページのレイアウトが変わっています。各音源ページから音源名のところをクリックしてダウンロードしてください)

【tips】連続音形式とは音符に前の音符の母音(a,i,u,e,o,n)が付いているもののことを言います。
​     例:[か][ぜ][ひ][き]→[- か][a ぜ][e ひ][i き]

​【!】ビブラートの付け方やピッチの動かし方、語尾息の付け方です。
​   語尾息を付けれるようになるだけでも大分人っぽく聞こえるようになると思います。
​   説明に出てくるUST DL→「ふるさとすっぴん.ust」

​【!】DLしてきたUSTを歌わせる方法です。
    まず説明なしの流れ的なものがコレ↓↓になります。45秒ほどで出来ます。
​    下に説明付きのものがあります。

【!】既存の調声のしてあるUSTの使い方です。
​   USTをDLしてきてピッチをそのまま流用し歌わせる場合はこちらを参照ください。
​   説明に出てくるUST DL→「赤い靴.ust」

説明のためにいろいろ寄り道してますが、実際DLしてきたUSTには以下のことをしていただけたらいいと思います。

1.「開く」※ mode2になっているか確認​してください
2.任意の.ust選択
3.プロジェクトの設定の編集
4.全選択
5.右クリック→「複数選択のプロパティ」
6.「先行発声」「オーバーラップ」「STP」のクリア。モジュレーション「0」入力。 
※重要
7.「ツール」→「組み込みツール」→「suffixBroker…」→何もせず「OK」
8.エンベロープのクロスフェード「reset」→「p1p4」 
※重要
​9.再生したい範囲を選択して再生
10.これでも音が出なかったら動画のように出る音素に変えてあげたりします
11.すべて音が出るようになったら語尾息を足したりピッチを書き足したり減らしたり満足するまでいじります
​12.満足出来たら「プロジェクト」→「wavファイルを生成」で.wavファイルができます。
ビブラートをかけすぎたりするとよれよれになってしまうので、ピッチは音の最初の部分と最後の部分を少しいじる程度がいいかと思います。


​書き出した後 -MIX-
調声ができたらMIXなのですが、このMIXが本当に大事なので色々検索してみてください。
​私はコンプ→EQ→ディエッサー→リバーブ、リミッターくらいしかいじれませんが、それだけでもただオケと重ねるだけよりはマシかなと思ってます。

 Windows10での環境です。Macはわからないです。